耐震改修工事

 

 
 
 
 
住まいが安全でなければ、安心して日々の生活も送れません。大地震で簡単に倒壊してはたまりませんね。
**********木造一戸建て住宅の公的な耐震改修工事例(ランダム)**********

最初に「耐震診断」というものを行います。(多くの自治体が簡単なものは無料で行っています。)
が・・・。 困ったことに、自治体ごとの防災意識や、建物を診断する人の能力に差が大きく、必ずしも適切な診断や有効な
改修工事の例が多いとはいえないようです。とりあえず、未来空間での公的診断と改修例を、いくつか紹介します。

耐震診断と改修案の例:右の現状「倒壊」診断を、左の評点1.22「一応安全」な建物へ改修します。)
耐震データP1130044 クラックスケール
木造住宅の耐震診断・改修には、いくつもの公的な基準があります。   (床下:例)  (基礎のひび割れ:例)
それらを現状の建物にあてはめ、正確に対処していけるかが、ポイントとなります。
筋交い柱頭金物-1  室内筋交い 室内耐力壁増設
室内の耐力壁(耐震壁)を増設した例:(約20万円程度~:部分)
建物の中で、明らかに弱点となっている箇所に壁を増設する「比較的簡単でオーソドックスな例」です。
壁は基礎+土台・柱・梁と繋がっていなければならないので、床・壁・天井の一部を解体します。これらは内装リフォーム工事のついでに行うと、より効率的といえます。
ホールダウン←場合によって基礎の増設や、引き抜け防止金物(ホールダウン金物)が必要な事もあります。
室内から、新規の鉄筋コンクリート・ベタ基礎を増設した例:(約250万円~:部分)
すでに建っている建物の中での大規模な基礎増設は、自治体の助成金などを得て行う公的耐震改修でも稀な例です。
新築の仕様とは若干異なりますが、公的な参考資料も充実してきた近年、耐震改修の手法として有効な手段です。
基礎配筋写真  P1130901
家屋内の掘削・砕石転圧を行い、配筋・コンクリート打ちです。内容は、あくまで地盤調査の結果により決めます。
放射線砕石検査結果
※補足:
震災後、原発事故が収束していないと考えられるため、砕石やコンクリートの「放射線」については、家屋内で使用する
箇所が多い場合、状況に合わせ関係各所から資料を取り寄せかつ、現地でも最低限の測定を行うようにしています。

-------------------------------------------------
外壁の一部をあえて目立たせ、新規の耐力壁(耐震壁)へと変更した例: (約35万円:部分)
地震に抵抗する耐震壁として必要な場所が、外壁の目立つ箇所だった、耐震基準適合判定に沿う公的耐震改修をした例です。
改修工事が外壁で一部の場合、外からあえて目立たせる「デザイン的な壁」にしてしまうのも有効な方法だといえます。
玄関脇下地合板筋交い金物-1 玄関脇サイディング

------------------------------------------
余震や繰り返し起こる地震にも抵抗し、揺れを軽減する「制震改修」について:費用=耐震改修の10%増し程度)
 耐震改修用で防災協の認定商品として認めらている、制震テープを使用した斬新な改修工法は、木造住宅の耐震改修で 制震構造を安価に実現できる画期的なものと考えられます。

以下の図は少し専門的になりますが、図表のδ(デルタ)は地震時の建物の傾き具合だと考えてください。
この工法は、簡単に言えば粘性材で家ごとダンパー化し、脆性的な破壊を起こす木造住宅に靱性(粘り強さ)をもたせ、
度重なる余震に耐える改修を実現する工法です。(東京大学・防災科学研究所・清水建設の共同開発「超制震」)
data-kaisetsu
テープ P1140171
自治体の助成金対象工法でもあります。粘性材である制震テープ+3尺×10尺の構造用合板で、面材耐力を確保します。

P1140148

総2階の場合は、1~2階の耐力壁を連続させると効果的です。