6月 252014
 

さて、仕上げ材の選定などを進めながらも、当然、現場は日々進行していきます。ポイントとなる時期の工事チェックは、
とても大切です。

今回はビル内の施工でよく使う(最近のマンションなどはほとんど使用している)軽量鉄骨のフレーム(スタッド)を使用
しています。木造の構造体にはあまり使わないのですが、今回は店舗かつ厨房面積が広いので、効果的かと思います。

厨房下地軽量鉄骨下地内配線
店舗内:↑ 厨房部分です。先日の新設基礎の上に組んでいます。
実はこのフレームが金属ですから、電気配線などを貫通させる施工の時、けっこう気をつかいます。

配線は被覆され、金属と直接触れるわけではないので、基本的に心配ないはずですが、実は横引きの場合、
何かのきっかけで漏電することがあるようです。右上の写真のように、保護材を使用し安全側で施工する
のも大切です。特にこの部分、後々は壁の中・・・。見えなくなるのですから。
そして、同時に外部の化粧ようにも足場を組み始めました。
足場架け

みなさん、気をつけて頑張りましょう!

 返信する

(required)

(required)

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>